2010年11月23日

国立科学博物館に零式艦上戦闘機

ご存じの方もいると思いますが、東京上野にある国立科学博物館の地球館地上2階には、零式艦上戦闘機二一型(零戦、ゼロ戦)が展示されております。しかも、ただの零式艦上戦闘機二一型ではなく、複座に改造された機体です。

国立科学博物館の説明は以下の通り。
零式艦上戦闘機二一型改造複座機
展示されている零戦は、1944(昭和19)年、前線基地において破損した2機のうちの1機で、21型を偵察用2座席に改造したものである。
ラバウル海軍第253航空隊に所属し、機体番号53-12、操縦士官吉沢徳重(徳三説あり)上飛曹で、1945(昭和20)年に墜落した。
1972(昭和47)年、ラバウル北西約110kmの海中で発見、引き上げられたものを、1974(昭和49)年に日本大学教授石松新太郎(当時)が購入し、当館に寄贈したものである。
展示では、エンジンが見えるように、エンジンカバーを外してある。
意外に身近なところに零式艦上戦闘機があってびっくりです。興味のある方は是非一度足を運ばれてはいかがでしょうか?

独立行政法人国立科学博物館
National Museum of Nature and Science,Tokyo

http://www.kahaku.go.jp/

posted by 公爵 at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。