2008年10月13日

晩餐会の席順

戦前、大日本帝国海軍のある軍艦上で晩餐会が開かれました。その席順をみると、妙なことがあります。上座から階級が高い順に着席しているのですが、大佐よりも階級の低い大尉が、大佐よりも上座に着席しているのです。

●通常の席順(序列)
 [元帥][大将][中将][少将][大佐][中佐][少佐][大尉][中尉][少尉]

●この晩餐会での席順(序列)
 [元帥][大将][中将][少将][大尉][大佐][中佐][少佐][中尉][少尉]

軍隊においては階級が絶対です。上官を差し置いて上座に着席することはとんでもないことです。普通なら鉄拳制裁モノです。しかし、大尉も、他の士官も平然としています。一体どういうことなのでしょう?

種明かしをしますと、実はこの大尉、華族出身で男爵の爵位を持っているのです。そして、晩餐会においては軍の階級ではなく宮中席次に従って着席することになっています。そのため、大尉は男爵(宮中席次第36)として大佐(宮中席次第40)よりも上座に着席することができるのです。

以下に華族と武官の宮中席次を簡単に纏めてました。

<華族の宮中席次>
公爵:第一階 第16
侯爵:第二階 第22
伯爵:第三階 第28
子爵:第三階 第31
男爵:第三階 第36

<武官の宮中席次>
元帥:第一階 第5(親任官)
大将:第一階 第10(親任官)
中将:第二階 第19(勅任官:高等官一等)
少将:第三階 第24(勅任官:高等官二等)
大佐:第四階 第40(奏任官:高等官三等)
中佐:第五階 第46(奏任官:高等官四等)
少佐:第六階 第51(奏任官:高等官五等)
大尉:第七階 第55(奏任官:高等官六等)
中尉:第八階 第58(奏任官:高等官七等)
少尉:第九階 第62(奏任官:高等官八等)

これを見ると、華族はデフォルトで大佐以上の宮中席次を保有していることがわかります。こう書くと、華族の特権という見方も出来ますが、ちょっと考え方を変えると、平民でも頑張れば、一代限りではあるけれど華族より上位の宮中席次を保有することが出来ることがわかります。宮中席次・・・実に面白いシステムだと思います。宮中席次については以下のサイトに詳しく記述しておりますので良かったらご覧下さい。

サウスアイランド公国 宮中席次
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/imperial/imperial1.html

posted by 公爵 at 16:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by ビジネスマナー at 2012年04月13日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108017716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。