2009年11月14日

ハワイ沖で帝国海軍潜水艦2隻発見!

終戦直後に米軍に接収され、沈められた帝国海軍の潜水艦2隻がハワイ沖で発見されたそうです。発見された潜水艦は、伊号第14潜水艦(伊14)と、伊号第201潜水艦(伊201)の2隻とのことです。

時事ドットコム 2009/11/13 17:47
旧日本軍の潜水艦2隻発見=米、ソ連警戒し接収後沈める−ハワイ沖
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009111300821
 【ワシントン時事】米海洋大気局(NOAA)とハワイ大学は12日、終戦直後に米軍に接収され、沈められた旧日本軍の伊号潜水艦2隻をハワイ・オアフ島沖の海底で発見したと発表した。
 NOAAとハワイ大の調査チームによると、潜水艇を使い、今年2月に深さ約914メートルの海底で2隻を発見。船体に記された番号などから旧日本軍の潜水艦と確認した。
 1隻は飛行機2機を搭載した伊14型、もう1隻は大戦末期に高速性を重視して建造された伊201型潜水艦。米軍は戦後、接収して性能を調べたが、旧ソ連からも調査要求があった。当時評価が高かった日本の潜水艦の情報を渡さないため1946年に沈めたという。
ところで、帝国海軍の潜水艦には、今回発見された伊号第14潜水艦(伊14)、伊号第201潜水艦(伊201)のように「伊号」と呼ばれる潜水艦と、「呂号」と呼ばれる潜水艦、「波号」と呼ばれる潜水艦の3種類があり、以下のような規則で命名されています。

ネイヴァルランド公国 潜水艦の命名基準
http://navalland.seesaa.net/article/13264186.html
伊号潜水艦:排水量1,000トン以上の大型潜水艦(一等潜水艦)
呂号潜水艦:排水量500トン以上1,000トン未満の中型潜水艦(二等潜水艦)
波号潜水艦:排水量500トン未満の小型潜水艦(三等潜水艦)
ですので、今回発見された伊号第14潜水艦(伊14)と、伊号第201潜水艦(伊201)は、排水量1,000トン以上の大型潜水艦(一等潜水艦)であることが分かります。

なお、航空機を搭載した帝国海軍の潜水艦は太平洋戦争中、搭載した航空機で世界初のアメリカ本土爆撃を成功させており、アメリカ国民を恐怖に陥れました。そして、潜水艦に搭載した航空機で敵地を攻撃するというアイデアは、後にミサイル原子力潜水艦へと発展して行きました。

posted by 公爵 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 艦船 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。