2006年11月15日

特攻機の命中率

旧帝国陸海軍が太平洋戦争末期に行った航空機による体当たり攻撃(所謂「特攻」)の命中率が、米国立公文書館に保管されている米軍機密資料で明らかになったそうです。

Yahoo!ニュース −時事通信− 11月15日7時1分
旧日本軍の航空特攻作戦、命中効果率は56%=予想以上の戦果
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061114-00000162-jij-int
 太平洋戦争末期、劣勢の旧日本軍が多用した航空機の体当たりによる米艦への特攻作戦で、米軍が至近自爆を含む特攻機の命中効果率を半年間で56%と算定し、日本側推定を大幅に上回っていたことが、米国立公文書館に保管されている米軍機密資料で分かった。日本側は特攻初期のフィリピン海域での特攻命中率を26〜28%と推定していた。
 戦史家の原勝洋氏が入手したこの資料は、未公開分を含む米側撮影の特攻写真340枚とともに、15日発売の「写真が語る『特攻』伝説」(原勝洋著、KKベストセラーズ社)で公表される。
命中率56%・・・。これはかなりの脅威ですね。米軍が特攻機を恐れるわけです。特攻により命を失った日米双方の将兵のご冥福をお祈り致します。

posted by 公爵 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27516152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。