2006年11月22日

新郎の祖父は雪風乗組員

インターネット上の掲示板サイト「2ちゃんねる」。ここに時々投稿される帝国海軍関係のエピソードを紹介します(改行等は読みやすくするために多少手を加えております)。
私がホテル勤めをしていた頃の話。ある披露宴、新郎が海自の方でした。同僚上司達は制服で出席。披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。

一通りの祝いの言葉の後に、 自分が海軍にいた事。孫が艦に乗っている事を誇りに思う事。自分達の世代の不甲斐なさのせいで今の海上勤務の方達には苦労を掛けていると思う事。たとたどしくですが話されました。

同僚達は知らなかったらしく酔っ払っていたのが、段々背筋が伸びていき神妙に聞き入っていました。挨拶が終わり高砂の席の一人が「何に乗っておられたのだ」と尋ねると、新郎は小声で「雪風です」。それを聞いた海自組一同すっ転ぶような勢いで我先に駆け寄り服の切れ端を毟り取りおじいさんは丸裸になってしまいました。
この話は、「新郎の祖父は大和乗組員」の改変ジョークとして「2ちゃんねる」で出回っていたものです。この話はジョークですが、元ネタはちょっと真面目な話です。

新郎の祖父は大和乗組員(元ネタ)
http://navalland.seesaa.net/article/18635881.html

この改変ジョークで登場する「雪風」は帝国海軍の駆逐艦で、主要な海戦に参加しながらいつもほとんど無傷で生還する幸運艦として有名だった艦艇です。戦艦大和の沖縄特攻の際も大和の護衛艦として参加し、大和が撃沈された後、生存者の救出をして本土に帰還しております。雪風は終戦まで生き残り、連合国側から最優秀艦と賞賛されました。そして戦後は中華民国(台湾)海軍に引き渡され、艦名を「丹陽」と改め、昭和41年(1966年)まで中華民国海軍の旗艦として活躍しました。

このように非常に運が強い艦艇だったので、同じ船乗りである海上自衛官が、その御利益に預かりたいと元雪風乗組員のおじいさんの服の切れ端を我先に毟り取ったというジョークです。

なお、雪風はどんな海戦でもほぼ無傷で生き残るので幸運艦と呼ばれていますが、その代わりに、雪風と一緒になった他の艦艇は被害を受けることが多く、雪風を「死神」と恐れる乗組員もいたそうです。戦艦金剛、空母信濃、戦艦大和が沈没した時も、その護衛艦の中に雪風がいたそうです・・・。

posted by 公爵 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 2chコピペ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28053053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

最強運の軍艦名を持つ男
Excerpt: 大分昔ですが、深夜歌舞伎町でタクシーに乗ったところ運転手さんのネームカードをお見かけしたところ「・・雪風」とありました。 「?!」 私はその名前で“あるもの”を知っていました…しかし珍しかったので..
Weblog: お料理大好き!
Tracked: 2006-12-24 23:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。