2006年11月22日

帝国海軍戦艦の厳しさ

帝国海軍において戦艦は全海軍の中心であり、その乗組員は全海軍の模範となることを求められました。そのため、戦艦における規律、訓練の厳しさは他の艦艇の群を抜いていました。それを示す標語をいくつかご紹介します。

・鬼の山城、地獄の金剛、音に聞こえた蛇の長門。

・日向行こうか、伊勢行こか、いっそ海兵団で首吊ろか。

・地獄榛名に鬼金剛、羅刹霧島、夜叉比叡。

・乗るな山城、鬼より怖い。

このように、戦艦は恐ろしいところだと言われても、戦艦勤務を希望する人は多かったようです。やはり有名な艦に乗艦した方が、故郷でも鼻が高かったのかもしれませんね。

上記標語に出てくる山城、金剛、長門、日向、伊勢、榛名、霧島、比叡は全て戦艦の艦名です。大和、武蔵は新しいから仕方がないとして、扶桑、陸奥が出てきませんね・・・。扶桑、陸奥が登場する標語をご存じの方、よかったらお教え下さい。宜しくお願い致します。

posted by 公爵 at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 標語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひょっとして「地獄の扶桑」じゃないでしょうか?
何かで読んだわけじゃないのですが、“鬼の山城 地獄の金剛”では、七・七・七・五の都都逸としては語呂が悪いように感じます。

なにより、山城の対として姉妹艦の扶桑が来たほうが自然だし、金剛は後にも出てきますので。

陸奥は、わからないですね。
ひょっとすると、この10隻の中では最新鋭艦の陸奥には、まだ名物になるようなシゴキがなかっただけかもしれません。
Posted by 通りすがりです at 2008年10月15日 00:41
コメントありがとうございます。もしかするとそうかも知れませんね。私もこの言葉を本か雑誌、またはネットで見かけたのですが、今となっては記憶が曖昧で・・・。

ただ、「地獄の金剛」の場合、出てくる軍艦が全て「連合艦隊旗艦」という統一性が出てきます。扶桑は残念ながら連合艦隊旗艦にはなっていないんですよね・・・。

この標語については、一次ソースを見つけたら改めて記事にしたいと思います。
Posted by 公爵 at 2008年10月15日 05:15
戦艦乗組の新兵の悲惨さを歌った戯れ唄に陸奥は聞いた事は自分も無いのですが爆沈の原因に過酷な制裁に自殺を図った水兵が弾薬庫を爆発させてしまった為という説があるぐらいなのでどの戦艦も似たり寄ったりでひどかったんじゃないでしょうか
Posted by 蛇の長門 at 2009年07月09日 06:22
蛇の長門様
こんばんは。コメントありがとうございます。陸奥爆沈の原因の話、私も聞いたことがあります。悲惨な境遇はどの戦艦も似たり寄ったり・・・と言うか、どの艦船でも同じかも知れませんね。

ただ、大所帯になりがちな戦艦、空母、巡洋艦などの「軍艦」と、駆逐艦、潜水艦などの「艦艇」ではまた境遇が違うかも知れません。潜水艦では艦長自らふんどしを洗うと言われておりますし・・・。航空隊や基地でも境遇が違うかも知れませんね。
Posted by 公爵 at 2009年07月09日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28055089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。