2006年11月22日

三景艦

明治時代、帝国海軍は清国の戦艦「鎮遠」、戦艦「定遠」に対抗するため、戦艦並みの口径の主砲(32センチ砲1門)を搭載した巡洋艦を3隻建造しました。艦名は「松島」、「厳島」、「橋立」。いずれも日本三景である陸奥松島、安芸厳島(宮島)、丹後天橋立から名を取ったことから、これらの艦は「三景艦」と呼ばれました。

この三景艦の凄いところは、巡洋艦に戦艦並の主砲を搭載したことで、三景艦が搭載した32センチ砲(1門)は、清国の戦艦「鎮遠」、戦艦「定遠」の30.5センチ砲(4門)を上回る口径でした。三景艦は日清戦争、日露戦争において活躍しましたが、巡洋艦の小さな船体に巨大な32センチ砲を搭載したため、主砲の発射は出来るものの命中率は非常に悪く、命中弾はなかったそうです。むしろ副砲として搭載した速射砲と、巡洋艦としての快速性が海戦で一番役に立ったそうです。

なお、三景艦の1番艦「松島」の32センチ砲は後部甲板、2番艦「厳島」、3番艦「橋立」の32センチ砲は前部甲板に設置されています。これは、三景艦で艦隊を組んだ場合、32センチ砲の死角がなくなるようにするための工夫と言われております(厳島と橋立を前方に配置し、松島を後方に配置する逆三角形の陣形を取ると、32センチ砲の死角がなくなる)。

<公爵の独り言>
艦船設計はやはりバランスが重要ですね。

posted by 公爵 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 艦船 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28057330
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。