2005年10月01日

帝国空軍?

大日本帝国時代、日本に空軍はありませんでした。ですから、帝国空軍という物は存在しません。その代わり帝国海軍、帝国陸軍がそれぞれ航空隊を持っており、海軍航空隊陸軍航空隊を編成しておりました。

ところで、この海軍航空隊と陸軍航空隊、同じ日本の軍隊なのに、全くの別物です。まず、航空機の開発自体、別々に行っていました。そのため航空機の仕様、操縦法も違っていました。また、搭載する機銃も、海軍と陸軍で様々な口径の機銃を開発し、かつ、口径は同じなのに同じ弾丸が使えないなど、資源が無い割に無駄なことをしておりました。なお、資源豊富なアメリカ軍は機銃の種類は数種類に限定し、同一口径の機銃は同じ弾丸が使えるという効率的な仕様になっていたそうです。

また、航空機に搭載するエンジンのライセンス契約を帝国海軍と帝国陸軍で別々に結び、ドイツのダイムラーベンツ社に二重にライセンス料を支払うという間抜けなことをしていました。しかも、ダイムラーベンツ社からは「1ライセンス分でいいよ♪」と言われたのに、頑固にそれぞれが支払ったそうです。

そして太平洋戦争末期になると、海軍と陸軍で航空機製造のための予算と資材を取り合う状態となったそうです。資源があるアメリカが効率化を図り、資源の無い日本が複雑化させている。実に皮肉な状態ですね。

海軍航空隊に関する詳しい話は、また別の機会に書きます。

posted by 公爵 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7567370

この記事へのトラックバック

軍隊
Excerpt: 中国の強引さに折れて、 「海神 チャン・ボゴ」第4 驚愕の東京受験事情 [アニメ][ガンダム] 種 軍隊蠍の行進 [メルマガ]Vol.228 あぶなかった 帝国空軍? ホピ 白い兄 9/24 9/29..
Weblog: 軍隊
Tracked: 2005-10-01 22:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。