2008年01月19日

映画「パール・ハーバー」

映画「パール・ハーバー 」(原題:Pearl Harbor)は、2001年に公開されたアメリカ映画です。帝国海軍が1941年(昭和16年)12月8日に行った真珠湾攻撃を題材にした映画です。

真珠湾攻撃だけでなく、バトル・オブ・ブリテン、ドーリットル攻撃隊による東京初空襲など第二次世界大戦の重要なイベントも描かれています。そして、戦闘シーンについて言えばそれなりに迫力ある映像になっていると思います。しかし、日本側の描写についてかなり考証の甘さが感じられるので、私が奇妙に思ったシーンをちょっと紹介したいと思います。

<真珠湾攻撃前の帝国陸海軍の対米対策会議シーン>
・屋外の戦国時代の本陣のような場所で陸海軍合同の作戦会議を開催。
・その本陣(?)には旭日旗(軍艦旗)が縦に掲揚。
・そしてその本陣の周辺には「尊皇」、「皇國」、「勇我」(?)、「男戦」(?)の垂れ幕。
・しかもその本陣(?)そのすぐ近くで子供達が凧揚げ。

<真珠湾攻撃前の帝国海軍の作戦会議シーン1>
・屋外の池で作戦会議。
・池に大きな戦艦の模型を浮かべて半裸の兵士がそれを竿で動かして模擬演習。
・その池の畔には鳥居の様なものがあり、鳥居の下に旭日旗(軍艦旗)が縦に掲揚。
・旭日旗(軍艦旗)の下には「軍極秘」の看板。
・机の上には徳利(銚子)と杯。
・屋外の壁に「七生報國」の習字が掲示。
・屋外に酸素魚雷を並べて深度調整機構について説明。

<真珠湾攻撃前の帝国海軍の作戦会議シーン2>
・山本五十六の左手の指が5本。

<真珠湾攻撃のシーン>
・空母艦内の兵員居住区で蝋燭を使用。
・飛行兵の持っている写真のキャプションが「ナゾリア艦戦」ではなく「戦艦アリゾナ」。
・日本機が逃げまどう民間人を機銃掃射。
・日本機が病院を爆撃、機銃掃射。
・日本機が艦を沈められ海面を漂うアメリカ海軍将兵を低空飛行で機銃掃射。
・第一種軍装(紺)の将兵の帽子が第二種艦内帽(白)。

はっきり言って、突っ込みどころが多すぎます(笑)。

そして私が一番納得がいかないのが、帝国海軍による真珠湾攻撃の過剰な演出です。艦艇への攻撃だけでなく、病院を爆撃したり、民間人を機銃掃射したり、海に漂う将兵を機銃掃射したりと、帝国海軍は非人道的な描かれておりますが、帝国海軍の攻撃目標はあくまでもアメリカ海軍の主力艦艇でした。ただ戦闘中の大混乱の中、結果的に民間施設に被害が出たり、機銃の流れ弾による死傷者はいたかも知れませんが、映画のように積極的に狙いすまして攻撃はしていませんでした。そもそも帝国海軍は戦闘艦攻撃偏重主義であり、輸送船を攻撃することを潔しとしない風潮がありました。そのため真珠湾攻撃でも基地の石油タンクすら攻撃目標に入れていませんでした。そんな帝国海軍が、アメリカによる経済制裁で物資が乏しい中、貴重な爆弾や弾薬を目標外の施設や人に用いることはどう考えても不自然なのです。

かつてアメリカは「トラ・トラ・トラ!」、「ミッドウェイ」といった戦争映画の大作を世に送り出してきました。しかしこの「パール・ハーバー」は、日本人の視点から見ると、それらと比べるて見劣りすることは否めません・・・。
<監督>
 マイケル・ベイ
<制作>
 マイケル・ベイ
 ジェリー・ブラッカイマー
<脚本>
 ランダル・ウォレス
<撮影>
 ジョン・シュワルツマン
<SFX>
 ILM
<音楽>
 ハンス・ジマー
<主なキャスト>
 山本五十六:マコ岩松(mako)
 源田実:ケイリー=ヒロユキ・タガワ
 ルーズベルト大統領:ジョン・ヴォイト
 ジミー・ドゥーリトル:アレック・ボールドウィン
 レイフ・マコーレー:ベン・アフレック
 ダニー・ウォーカー:ジョシュ・ハートネット
 イヴリン・ジョンソン:ケイト・ベッキンセイル
 ドリー:キューバ・グッディングJr.
 アール:トム・サイズモア
<公爵の独り言>
トラ・トラ・トラ!」や「ミッドウェイ」と比較するとその酷さが際立ちますね。アメリカ、どうしちゃったんでしょう? 日本側の描写が一昔前のステレオタイプな日本人的でなんだか脱力してしまいます・・・。

posted by 公爵 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。