2009年08月15日

終戦の日(交戦国一覧付)

本日8月15日は「終戦の日」です。64年前の1945年(昭和20年)8月15日、ポツダム宣言を受諾した旨を国民に伝える昭和天皇の「玉音放送」がラジオで放送され、日中戦争(日華事変/支那事変)、太平洋戦争(大東亜戦争)、第二次世界大戦が終結しました。正確な終戦・講和までの流れは以下の通りです。
1945年(昭和20年)8月14日:ポツダムの宣言受諾、終戦の詔勅発布
1945年(昭和20年)8月15日:終戦を告げる昭和天皇の玉音放送
1945年(昭和20年)9月2日:ポツダム宣言受諾の降伏文書調印
1951年(昭和26年)9月8日:サンフランシスコ講和条約締結
1952年(昭和27年)4月28日:サンフランシスコ講和条約発効
戦闘」終了は1945年(昭和20年)8月15日前後、「戦争」終了は国際法上、サンフランシスコ講和条約が発効した1952年(昭和27年)4月28日になるそうです(一応それまでは戦争状態)。

この戦争で亡くなった全ての方々のご冥福をお祈り致します。

日中戦争(日華事変/支那事変)、太平洋戦争(大東亜戦争)、第二次世界大戦において大日本帝国に宣戦布告をした国は以下の通りです。
・1941年(昭和16年)
 アメリカ(12月8日)
 イギリス(12月8日)
 オーストラリア(12月8日)
 ニュージーランド(12月8日)
 カナダ(12月8日)
 南アフリカ連邦(12月8日)
 コロンビア(12月8日)
 エル・サルバドル(12月8日)
 コスタリカ(12月8日)
 ドミニカ(12月8日)
 ニカラグア(12月8日)
 ハイチ(12月8日)
 グァテマラ(12月8日)
 ホンジュラス(12月8日)
 パナマ(12月9日)
 オランダ(12月10日)
 キューバ(12月10日)
 ベルギー(12月20日)

・1942年(昭和17年)
 メキシコ(5月22日)

・1943年(昭和18年)
 イラク(1月17日)
 ノルウェー(7月11日)
 ボリビア(12月4日)

・1944年(昭和19年)
 リベリア(1月27日)
 フィンランド(9月22日)
 ルーマニア(10月31日)
 ブルガリア(11月7日)

・1945年(昭和20年)
 エクアドル(2月9日)
 ペルー(2月12日)
 パラグアイ(2月13日)
 ベネズエラ(2月14日)
 ウルグアイ(2月22日)
 トルコ(2月23日)
 エジプト(2月26日)
 シリア(2月26日)
 レバノン(2月27日)
 イラン(2月28日)
 サウジアラビア(3月1日)
 アルゼンチン(3月27日)
 スペイン(4月12日)
 チリ(4月12日)
 デンマーク(5月23日)
 ブラジル(6月6日)
 ギリシャ(6月26日)
 ソビエト連邦(8月9日)
 モンゴル(8月9日)

・政権未承認交戦国
 中華民国(重慶政権)
 フランス(ド・ゴール政権)
 ユーゴスラビア
 ポーランド
 エチオピア
 チェコスロバキア
 イタリア(バドリオ政権)
合計52ヶ国

なお、大日本帝国は中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国とは戦争をしておりませんので、勘違いしないようにご注意下さい。
中華人民共和国:1949年(昭和24年)建国
朝鮮民主主義人民共和国:1948年(昭和23年)建国
大韓民国:1948年(昭和23年)建国
<公爵の独り言>
これだけの国と戦争をしたんですね。中華民国(政権未承認交戦国)、アメリカ、イギリス、フランス(政権未承認交戦国)、オランダ、オーストラリア、カナダを相手に4年近く・・・。戦争末期にはソビエト連邦まで参戦してほぼ世界中が敵国・・・。ドイツ、イタリアという同盟国があったとは言え、まさにクレイジーですね。それにしても、負ける戦争はしたくないものです。

posted by 公爵 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

終戦記念日(交戦国一覧付)

本日8月15日は「終戦記念日」です。63年前の1945年(昭和20年)8月15日、ポツダム宣言を受諾した旨を国民に伝える昭和天皇の「玉音放送」がラジオで放送され、日中戦争(日華事変/支那事変)、太平洋戦争(大東亜戦争)、第二次世界大戦が終結しました。正確な終戦・講和までの流れは以下の通りです。

1945年(昭和20年)8月14日:ポツダムの宣言受諾、終戦の詔勅発布
1945年(昭和20年)8月15日:終戦を告げる昭和天皇の玉音放送
1945年(昭和20年)9月2日:ポツダム宣言受諾の降伏文書調印
1951年(昭和26年)9月8日:サンフランシスコ講和条約締結
1952年(昭和27年)4月28日:サンフランシスコ講和条約発効

戦闘」終了は1945年(昭和20年)8月15日前後、「戦争」終了は国際法上、サンフランシスコ講和条約が発効した1952年(昭和27年)4月28日になるそうです(一応それまでは戦争状態)。

この戦争で亡くなった方々のご冥福をお祈り致します。

なお、日中戦争(日華事変/支那事変)、太平洋戦争(大東亜戦争)、第二次世界大戦において日本に宣戦布告をした国は以下の通りです。

・1941年(昭和16年)
 アメリカ(12月8日)
 イギリス(12月8日)
 オーストラリア(12月8日)
 ニュージーランド(12月8日)
 カナダ(12月8日)
 南アフリカ連邦(12月8日)
 コロンビア(12月8日)
 エル・サルバドル(12月8日)
 コスタリカ(12月8日)
 ドミニカ(12月8日)
 ニカラグア(12月8日)
 ハイチ(12月8日)
 グァテマラ(12月8日)
 ホンジュラス(12月8日)
 パナマ(12月9日)
 オランダ(12月10日)
 キューバ(12月10日)
 ベルギー(12月20日)

・1942年(昭和17年)
 メキシコ(5月22日)

・1943年(昭和18年)
 イラク(1月17日)
 ノルウェー(7月11日)
 ボリビア(12月4日)

・1944年(昭和19年)
 リベリア(1月27日)
 フィンランド(9月22日)
 ルーマニア(10月31日)
 ブルガリア(11月7日)

・1945年(昭和20年)
 エクアドル(2月9日)
 ペルー(2月12日)
 パラグアイ(2月13日)
 ベネズエラ(2月14日)
 ウルグアイ(2月22日)
 トルコ(2月23日)
 エジプト(2月26日)
 シリア(2月26日)
 レバノン(2月27日)
 イラン(2月28日)
 サウジアラビア(3月1日)
 アルゼンチン(3月27日)
 スペイン(4月12日)
 チリ(4月12日)
 デンマーク(5月23日)
 ブラジル(6月6日)
 ギリシャ(6月26日)
 ソビエト連邦(8月9日)
 モンゴル(8月9日)

・政権未承認交戦国
 中華民国(重慶政権)
 フランス(ド・ゴール政権)
 ユーゴスラビア
 ポーランド
 エチオピア
 チェコスロバキア
 イタリア(バドリオ政権)

合計52ヶ国

※中華人民共和国、朝鮮民主主義順民共和国、大韓民国とは一切戦争をしておりませんので、勘違いしないようにご注意下さい。

<公爵の独り言>
これだけの国と戦争をしたんですね。中華民国、アメリカ、イギリス、フランス、オランダ、オーストラリア、カナダを相手に4年近く・・・。ドイツ、イタリアという同盟国があったとは言え、まさにクレイジーですね。

ただ、どうでもいいような国(失礼!)が日本に宣戦布告しているのが気になります。特に1945年になってから日本に宣戦布告するのはなんだかなぁ(怒)。まぁ、連合国に与しなければその後生き残っていけないという判断もあったのでしょうけど・・・。負ける戦争はしたくないものですね。

posted by 公爵 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

提督の決断Wの最長継戦期間

コーエーの戦略・海戦ゲーム「提督の決断W」。このゲームが、ゲーム内の日付で最長いつまでプレイできるか試してみました。このプレイで用いたのは、1939年9月からスタートするキャンペーンゲーム「狼群作戦」。私は枢軸軍(大日本帝国、ドイツ第三帝国)の大日本帝国でプレイし、連合軍(大英帝国、アメリカ合衆国)を圧倒。しかし連合軍が降伏してしまわないように、連合軍の拠点数ヶ所をわざと残して戦争を継続してみました。

1950年(昭和25年)・・・太平洋戦争継戦中!
1960年(昭和35年)・・・太平洋戦争継戦中!!
1970年(昭和45年)・・・太平洋戦争継戦中!!!
1980年(昭和55年)・・・太平洋戦争継戦中!!!!
1990年(平成02年)・・・太平洋戦争継戦中!!!!!
1999年(平成11年)・・・太平洋戦争継戦中!!!!!!

一体いつまでプレイできるのかと思っていたところ、1999年12月第4週まで枢軸軍と連合軍の決着が付かないと、2000年1月1日に停戦協定を結んで終了してしまうことが分かりました。最長60年3ヶ月の戦争・・・。現代ではありえない超長期戦ですね。

なお、60年近く戦争を続けても、提督が病気や老衰で死亡したり、艦船や航空機が老朽化して廃棄されたりはしません(笑)。あとちょっと古い話ですが、初代「提督の決断」の頃は、艦船に提督を座上させたまま「艦船処分」を行うと、何故か提督が死亡することがありました。艦と運命を共にしたのでしょうか? また、艦齢が高くなると、突然の事故による喪失や、戦闘中の喪失の頻度が高くなったような気がします。

posted by 公爵 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

提督の決断

大日本帝国海軍首脳の気分を手軽に味わうことができるゲームがあります。

光栄「提督の決断」シリーズ
 ・提督の決断
 ・提督の決断U
 ・提督の決断V
 ・提督の決断W

プレイヤーは、「提督の決断」では連合艦隊司令長官、「提督の決断U」以降では海軍軍令部総長としてプレイすることになります。ゲームのシナリオには、ある作戦を成功させることを目的とする「ショート・シナリオ」と、戦争全般に勝利することを目的とする「キャンペーン・シナリオ」があります。

明日、12月17日(土)から全国東映系映画館にて「男たちの大和/YAMATO」がロードショーされますが、「提督の決断」シリーズにおいて戦艦大和最後の出撃は

 ・大和特攻(提督の決断、提督の決断V)
 ・本土防衛作戦(提督の決断U)
 ・坊の岬沖海戦(提督の決断W)

というショート・シナリオで提供されています。難易度はかなり高く、私も1、2回しかクリアしたことがありません。興味のある方は是非プレイしてみて下さい。この作戦を成功させることの難しさを身をもって体験できるでしょう。

<公爵の独り言>
私は学生時代、このゲームにはまって、成績が下がりました・・・orz。

posted by 公爵 at 18:33| Comment(4) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。